インテリアコーディネーターの資格取得なら通信講座がおすすめ!口コミで人気のスクールを徹底比較して紹介します。

スペースデザインカレッジの口コミや評判

公開日:2021/06/15

【詳細】
スクール名:スペースデザインカレッジ
住所:東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL:03-5952-0452

インテリアの仕事をするために必要なことは、「技術力」「知識力」「人間力」の3つをどこまでしっかりと学べるかといって過言ではありません。スペースデザインカレッジは、大人が学びやすい環境がつくられていて、実践重視の学校です。多くの卒業生が社会で活躍しており、本記事ではスペースデザインカレッジの特徴をご紹介します。

求人リターンが多くある

スペースデザインカレッジの卒業生はインテリアや建築関係の会社への就職率が90%以上と、高い数値で決まっています。就職活動の時期は作品ができる時期と重なっており、2~3月がいちばん多いといわれています。また内定は、活動から1ヶ月以内で出ることが多いようです。

そんな高い就職率を誇るスペースデザインカレッジですが、実はもう一点、特筆すべき点があります。それは、求人リターンが多いということ。求人リターンとは、卒業生である先輩が働く企業から「またスペースデザインカレッジの卒業生に来て欲しい」と、翌年以降にも求人があることをいいます。この求人リターンの多さは、先輩たちの仕事ぶりから、スペースデザインカレッジで学んだことが、即戦力として高く評価されていることを物語っています。こういった点からも、卒業後の進路については安心できます。

また社会で必要とされる生きた学びができる、ということもわかります。各学校を比較検討する際に、大事なポイントになるのではないでしょうか。もちろん、就職サポートの体制も整っています。たとえば、特別カリキュラムによる就職活動サポートやガイダンス、個別指導などが行われています。就職先については、学んだコースにより違いはありますが、インテリアコーディネーター科では住宅インテリア設計関係、リノベーション・リフォーム会社、インテリア関連の販売系などが多いとのことです。

大人が学びやすい環境を提供してくれる

スペースデザインカレッジでは、負担を感じることなく学べるよう、授業料の支払いについて相談ができます。支払い方法の例として、国や銀行の教育ローンの利用、分割払いなどが挙げられています。勉強に集中できるよう、このような環境づくりも学校のサポートと考えられており、専門スタッフの方がその対応にあたってくれるので安心ですね。

こういった考えやサポートの背景には、スペースデザインカレッジの特徴も関係しているのではないでしょうか。それは、入学資格が20歳以上であるという点です。この入学資格は、デザインを「年齢と人生経験を活かせる仕事」という考えから設けられています。実は大人が学びやすい場は少ない、だからそういった学校が必要だという考えが、スペースデザインカレッジにはあります。

実際、スペースデザインカレッジでは20代~50代のさまざまな年代の学生が勉強に励んでいます。つまり、さまざまな状況の学生が集まっており、社会人が生活を犠牲にすることなく夢に向かえるようなサポート体制がとられているのですね。社会に出たものの、本当はインテリアの仕事がしたい。そんな夢を持ち続けている人にとって、一歩踏み出してチャレンジしてみようと思わせてくれる、心強い学校です。

もちろん授業内容も充実しています。真剣に学び将来を考える人のために、専門知識や技術を身につけられるよう、実践重視型となっています。多くのコースがあるスペースデザインカレッジですが、インテリアコーディネーター科では働きながら学べる日程が組まれているのも、おすすめポイントです。

また、これは東京校のみになりますが夜間日程も設けられています。インテリアコーディネーター科の学生は、ほとんどが未経験から勉強をスタートされる人たち。初心者から学べるようにカリキュラムが組まれているため安心ですね。

24年連続でコンテスト受賞

インテリアコーディネーター資格の認定団体である公益社団法人インテリア産業協会では、毎年コンテストが実施されています。スペースデザインカレッジからは、なんと24年連続で受賞者が出ています。たとえば、2020年度は「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト/課題分野」において、スペースデザインカレッジから4点の受賞作品がうまれました。尚、この課題部門は、A部門「SDGsとインテリア空間」と、B部門「ニューノーマルにおけるリビング空間」のいずれかを選んで応募されています。

製造産業局長賞(1位)「tuji」(B部門)
技術の発達や、個で過ごす時間が増えたことによる、人との関わり方を考えられた作品です。人口減少や空き家増加問題をも視野に入れられ、住宅地域にリビング空間を発生させるという、見事な発想力です。「1地域を1家族」と捉え、間にある「道」をリビング空間とするアイデアはユニークなもので、距離を保ちながらも、道という共有空間で顔を合わせられる工夫がされています。

部門最優秀賞「PentaLiving」(B部門)
リビングはいちばん長く過ごす場所ですが、家族が単独行動することが多い場所でもあることに着目されています。作品名が示すとおり五角形のユニークな形で、家族が付かず離れず感じ合える空間となっています。どこにいても向き合えるように考えられた五角形とのこと。まんなかにできる空間も、うまくいかされています。

特別審査員賞「俺のAtelier」(A部門)
作品名からも興味をそそられる、自分だけのアトリエをデザインされた作品です。海に浮かぶアトリエなんて、わくわくしますね。さまざまな遊び心だけでなく、太陽光発電を使用したり、海水を循環するなど、部門のテーマももちろん盛り込まれています。細やかなプレゼンテーションボードもすばらしいです。

特別審査員賞「ASOVING」(B部門)
くつろぎの場であるリビングを、「遊んでくつろげる」場にされた作品です。家族が思い思いに過ごしながらも、気疲れすることのないようにと、まるで公園のような空間をプレゼンテーションされています。その空間はやわらかな曲線を多く用いられており、大人も子どもも、やさしい気持ちで「遊んでくつろげる」空間となっています。

これらのインテリアコーディネーション部門の他にも「キッチン空間アイデアコンテスト」があります。そちらでも、同じ2020年度には、スペースデザインカレッジから7点の受賞作品がうまれました。このような実績からも、スペースデザインカレッジで学べる内容が、いかに充実したものであるかが証明されています。

 

「人生は変えていける」そんな学校方針を持つスペースデザインカレッジ。社会に出たものの、インテリアコーディネーターとして新しい道を目指したいと考えている人にとって、心強いメッセージですね。学びたい大人のための場であるという明確さと、実践的なカリキュラムは注目ポイントです。未経験から、そして働きながらでもスタートできるよう配慮されたサポートの下、夢への一歩がここからスタートできるかもしれませんよ。

【インテリアコーディネーター】おすすめ通信講座5選

商品画像
商品名ハウジングングインテリアカレッジユーキャンハウジングエージェンシープロカレッジ(産業能率大学)フォーサイト
特徴40年間の試験合格のためのデータを独自に持っている試験に不合格でも翌年の2次試験実施月まで利用できる受講生限定の就職サポートがある90年以上の伝統と実績が学習指導に活かされているEラーニングで好きなとき好きな場所で受講できる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめインテリアコーディネーター通信講座の口コミや評判
記事一覧