インテリアコーディネーターの資格取得なら通信講座がおすすめ!口コミで人気のスクールを徹底比較して紹介します。

どんどん伸びてきている?インテリアコーディネーターの需要と将来性!

公開日:2021/06/01

インテリアコーディネーターという仕事に興味があるけど、どんな資格が必要なの?もしなれたとして現時点でどのくらい需要があるの?20年後、30年後の将来性はあるのかな?と気になっている人は多いのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターになるために必要な資格や具体的な仕事内容、現在の需要、将来性などを紹介します。

インテリアコーディネーターの需要は?

人工知能(AI)が台頭してきたことで、存続が危ぶまれている職業はさまざまなものがありますが、インテリアコーディネーターという職業はどうでしょうか?今後さらにAIが発達することで買い物をネットで行うことが主流になり、自動的にAIが商品の提案や好みの商品を選別してくれる時代になっていくと考えられます。

しかし、インテリアの配置を細かく提案することや個人のイメージを具現化するレベルまで達するには、まだまだ時間がかかりそうです。また、デザインを設計する段階のさまざまな意見を集約したり、クライアントの要望をくみ取ったりすることもAIには難しいでしょう。

クライアントにインテリアの提案を行う際にAIを活用する場面は増えると思いますが、細かいコミュニケーションを取りながらデザインを作り上げていくためには、人間にしか行えない業務が多数あります。インテリアコーディネーターは今後も活躍できると見込める職業だといえるでしょう。

現在、少子高齢化や社会構造の変化にともなって空き家が増加している傾向にありますが、リノベーションやリフォームすることで安く持ち家を手に入れる人が増えています。また、老後の生活や介護を考えて現在の家を増改築したり、バリアフリー化したりする人も増えつつあるようです。多様化するニーズを的確に把握したうえで、イメージを具現化するインテリアコーディネーターに対する需要は今後も期待されます

インテリアコーディネーターの将来性はある?

企業に所属するインテリアコーディネーターもいれば、フリーランスで仕事をしている人もいますが、いずれにしても個人のスキルが大きく関わる職業です。近年ではレストランやカフェ、病院、公共施設などの大型案件だけではなく、一般住宅の新築・改築にインテリアコーディネーターが必要とされています。また、従来に比べて多様で低価格なインテリアが増えたことで、生活空間に対する消費者の興味も高まっているようです。

他業界と同様、少子化による人口の減少にともなって市場の規模が小さくなりつつあります。住宅関連業界や家具を扱う業界が、商品やサービスに付加価値を与えるためには、細部までアドバイスできるインテリアコーディネーターの存在は不可欠です。現場で仕事をする経験を積むことで信頼を得られれば、書籍やweb上でインテリアを選ぶときのポイントや暮らし全体に関する提案や発信も可能となります。このことからも、インテリアコーディネーターの将来性は自分次第で広がっているといえそうです。

また、建築士やプランナーなど、職業との垣根を超えて働けるインテリアコーディネーターが活躍できる場は、今後も増えていくでしょう。個人や企業のニーズを的確に把握したうえで、実現できるためには建築やデザインに関する幅広い知識や提案力が必要となります。

インテリアコーディネーターになるためには?

今後も需要が期待されるインテリアコーディネーターになるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。インテリアコーディネーターを目指すには、大学や短大、専門学校を出た後に、建築やインテリア業界の家具メーカーやインテリアショップ、住宅メーカー、デザイン事務所などに就職することが一般的です。学校でインテリアや空間デザイン、建築などについて学んだ人の方が歓迎されやすい傾向にあります

資格試験はありますが、必ずしも必要ではありません。ただし、資格を取得していると就職や転職の際に有利になったり、資格手当がもらえたりすることがあります。建築士の資格も取っておくと、さらに仕事の幅が広がるでしょう。インテリアコーディネーターになるために必要な知識は多数あります。

インテリアに関する知識
室内空間に必要な照明や家具、カーテンなどを適切に組み合わせる能力が求められます。そのため、クライアントに提案するさまざまな商品の特徴や魅力に関する知識を身につけておく必要があるのです。

建築に関する知識
インテリアコーディネーターは建築家とは異なるので、建築に関して深い知識は必要ありません。しかし、建物の種類や構造、内装材、床材などについて知識を持つことで仕事の幅が広がります。

設計やデザインに関するスキル
設計やデザインに関する知識、CADやIllustratorのスキルは実務に欠かせないものであり、使いこなせることで優遇されることもあります。

 

インテリアコーディネーターは経験がものをいう職業といわれているため、なりたいと思ったらなるべく早く行動することが必要です。個人や企業の要望を聞き、具体的な提案をして最終的に形にするのは苦労が多いですが、その分やりがいも感じられるでしょう。

【インテリアコーディネーター】おすすめ通信講座5選

商品画像
商品名ハウジングングインテリアカレッジユーキャンハウジングエージェンシープロカレッジ(産業能率大学)フォーサイト
特徴40年間の試験合格のためのデータを独自に持っている試験に不合格でも翌年の2次試験実施月まで利用できる受講生限定の就職サポートがある90年以上の伝統と実績が学習指導に活かされているEラーニングで好きなとき好きな場所で受講できる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめインテリアコーディネーター通信講座の口コミや評判
記事一覧